会長メッセージ 新型コロナウイルスへの対応につきまして

 

会員そして、会活動を支えてくださっているすべての皆様へ

地方史研究協議会 会長 廣瀬 良弘

 日頃、地方史研究協議会の活動にご理解とご協力を賜り、心より御礼を申し上げます。

 現在、新型コロナウイルスの感染は広まるばかりの状況にあります。そのようななか、本会も毎年四月に開催しておりました卒業論文発表会をはじめ、六月までに予定していた研究例会、シンポジウムなど諸行事も延期いたしました。

 今後の会活動におきましては、安全を最優先として続けて参ることといたします。会員の皆様はもちろんのこと、日常的に当会の活動を支える常任委員をはじめとする役員の方々、事務局スタッフ、大会開催地域の皆様、そのほか、本会に関わるすべての方の安全、そして、皆様のご家族のご健康も考慮していく必要があります。

 長期化することを覚悟いたしまして、すでに計画されている会活動につきましても、事態の変化を見極めて、できることを探りつつ活動して参りたいと考えておりますので、何卒ご理解をいただきたいと存じます。

 皆様がご健康で活動を続けられますことを祈念いたしますとともに、会員諸氏の変わらぬご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

     2020年5月1日

お知らせ

2019年度第70回(京都)大会 情報 →大会の詳細はこちらから

新刊案内

■2020年4月刊行

新シリーズ 『地方史はおもしろい』 創刊【NEW!】

2019年10月刊行

第69回(神奈川)大会成果論 『拠点にみる相武の地域史―鎌倉・小田原・横浜―』

■2019年5月刊行

『学校資料の未来-地域資料としての保存と活用-』

2018年10月刊行
第68回(徳島)大会成果論集『徳島発展の歴史的基盤 – 「地力」と地域社会 -』

■2017年10月刊行
第67回(妙高)大会成果論集『信越国境の歴史像 -「間」と「境」の地方史-』

地方史研究協議会への連絡

2017月3月22日ホームページを全面更新しました。最新情報をいち早く掲載していきます。

■事務局開室日 (2020年4月より)

開室日は火曜日と金曜日 の午後 1 時から 5 時です。電話 03-6802-4119Fax 03-6802-4129 です。常時受信可能ですが、閉室時は留守番電話で対応させていただいております。

事務室臨時休室のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大がつづくなか、このたび政府より全国に緊急事態宣言が発令されました。

こうした状況をうけまして、4月19日の週より、緊急事態宣言が解除されるまでの間、当会事務局は臨時休室とさせていただきます。

臨時休室期間は、留守番電話・ファックス(常時受信可能)・メールにてご対応させていただきます。

ご返信までお時間をいただくこともあると思いますが、ご了承いただきたくお願いいたします。

事務局住所:〒111-0032 東京都台東区浅草5-33-1-2F  郵便振替口座 00140-2-101366

機種依存文字について

氏名、論題等で機種依存文字がある際には、常用漢字とさせていただく場合があります。ご了承ください。