台風にともなう暴風・豪雨で被災されました皆様へ

 
 このたび台風の災害にあわれました皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
 本年9~10月にかけまして相次ぎました台風15号・19号・21号による記録的な暴風や豪雨により数多くの地域で甚大な被害がでております。本会常任委員の中にも勤務先で被災地対応にあたった者もおり、現場の様子をうかがっておりますと、被災されました皆様のご心労は、如何ばかりかとお察し申し上げます。これまで経験したことのない天災から、皆様が少しずつでも日常の生活に戻れますよう、そして皆様の地域が復興していくことを祈念いたします。
 また、ご承知のように、本会は資料保存運動を活動の重要な柱のひとつに置いています。そうした観点から被災地域の歴史を伝える資料への被害状況も心配されるところではあります。すでに本会へ各地の会員の方々より、地域の資料・文化財(未指定文化財も含)の被災状況について情報が寄せられております。本会に対する協力などのご要望等がございましたら、ご一報いただければと存じます。
 しかしながら、皆様の生活が最も優先されるべきことであり、被災地の復興こそが肝要と考えております。そのためにはお一人お一人の健康が第一です。どうぞ、健康にはご留意されお過ごし下さいますようお願い申し上げます。
                      2019年10月
                                      地方史研究協議会常任委員会

お知らせ

2019年度第70回(京都)大会 情報 →大会の詳細はこちらから

新刊案内

2019年10月刊行(最新刊。詳しくはリンクをご参照下さい)

第69回(神奈川)大会成果論 『拠点にみる相武の地域史―鎌倉・小田原・横浜―』

2018年10月刊行
第68回(徳島)大会成果論集『徳島発展の歴史的基盤 – 「地力」と地域社会 -』

■2017年10月刊行
第67回(妙高)大会成果論集『信越国境の歴史像 -「間」と「境」の地方史-』

地方史研究協議会への連絡

2017月3月22日ホームページを全面更新しました。最新情報をいち早く掲載していきます。

事務局開室日変更のお知らせ (2017年4月より)

開室日は月曜日と金曜日 の午後 1 時から 5 時です。電話 03-6802-4119Fax 03-6802-4129 です。 常時受信可能ですが、閉室時は留守番電話で対応させていただいております。

事務局住所:〒111-0032 東京都台東区浅草5-33-1-2F  郵便振替口座 00140-2-101366

機種依存文字について

氏名、論題等で機種依存文字がある際には、常用漢字とさせていただく場合があります。ご了承ください。