2003年度第3回研究例会