2014年 埼玉大会 『北武蔵の地域形成―水と地形が織りなす歴史像―』

本書は、地方史研究協議会第六五回(埼玉)大会の成果を公開講演、共通論題研究発表、自由論題研究発表を中心に編集したもので、書名は大会共通論題である「北武蔵の地域形成―水と地形が織りなす歴史像―」とした。また、構成は共通討論における議論に鑑み、「Ⅰ荒川・利根川と地域拠点」「Ⅱ湧水と生産・生業」「Ⅲ領域意識の形勢と展開」として、体系的に熊谷市・行田市の歴史形成を纏めている。

10061704_561380a374e581 雄山閣
2015.10刊
定価7,344 円(税込)

■目 次 

序 文 松尾 正人

Ⅰ 荒川・利根川と地域拠点
掘口萬吉「埼玉地域における最新期の地形・地質環境」
井上尚明「古代河川交通と森林開発」
村山 卓「荒川中流域における中世石塔の展開-一三・一四世紀の板碑を中心として-」
田村 均「幕末・明治前期の蚕種輸出と生糸改良問題-富岡製糸場と北武蔵-」

Ⅱ 湧水と生産・生業
大井教寛「武蔵国熊谷郷の開発と在地領主」
原 太平「近世荒川扇状地の河川と湧水について-忍領の事例を中心に-」
細野健太郎「北武蔵の酒造業と関東上酒試造」
内田幸彦「低地農村地帯における内水面漁撈-溜井、堀上田を中心に-」

Ⅲ 領域意識の形成と展開
松村憲治「戦国期北武蔵地域の交通-忍領を中心として-」
澤村怜薫「近世前期、忍藩領の形成と在地支配」
藤井明広「近世後期、熊谷地域における改革組合村-武蔵国旛羅郡下奈良村吉田市右衛門と領主層・豪農層との関係性を中心に-」
松本洋幸「明治四三年大水害と地域社会-北埼玉郡の被害・応急対応・影響を中心に-」
渡辺隆喜「地域利害と政治運動-埼玉県成立期の地域問題-」

第六五回(埼玉)大会の記録 大会成果刊行特別委員会
執筆者紹介